ピンセットは都度洗浄して清潔に

薄着になる季節になると気になるのが露出部分の脱毛処理。サロンや美容皮膚科での脱毛が敷居が高い、そこでよく行われるのが自宅で簡単にできるという無駄毛処理の方法です。皆さんはどのような方法で行っていますか?ここでは簡単にできる「毛を抜く」という処理法でのメリット、デメリットとそれから導き出される注意点を述べようと思います。
まず、「毛を抜く」いう方法でのメリットは、初期費用が少なく、一人で自分で行えかつ抜くということでカミソリなどで剃るより毛が生えてこないという事が挙げれます。

 

もちろんこの簡単な方法には大きなデメリットもあります。抜くという方法は無理やり毛穴を開き肌を傷つけるということです。適切な処理をせず、肌を清潔に保たないと傷ついた毛穴からバイ菌が入り化膿を起こす事があります。よく起こる症例として挙げられるのが毛嚢炎です。これは肌に炎症を起こすトラブルです。患部はニキビのように膨れあがり、治っても跡が残ってしまうことがあります。
では、そのようなトラブルを防ぐために必要な注意点とは何でしょう?それは、毛抜き用で使われるピンセットをその都度洗浄しアルコールなどで常に清潔に保つということです。これにより毛穴から入るバイ菌をいくらか防ぐことができます。
簡単にできるホームケアだからこそ大きなトラブルを避けたいですよね。ケア後の処理は必ず忘れずに行いましょう。